フェルデンクライス・メソッド  −Feldenkrais Method

どうして効果があるのでしょうか


            スマホの方はこちらへどうぞ


体から脳への情報のフィードバック


体を動かす時には、
脳から体に指令が送られますが、

逆に どんな風に動いたのかというフィードバックが、
常に体から脳に送られています。


そして、その体からの情報を元に、
脳は日々「学習」し、変化しています。



でも、良いことばかりを学習するわけではありません。



例えば、

体のどこかにいつも力をいれていると、
その情報がずーっと脳に送られ、
そのうちに、脳はそれが正常な状態だと思ってしまいます。


自分では、力を入れていることに
気づかなくなってしまいます。

常にガチガチです。



ある部分をずっと使っていない、
つまり 長い期間、動きの情報が脳に送られないと、
脳は、そこが動かないのが通常の状態だと認識してしまい、
動きが失われてしまいます。

からだの中には、
いつのまにか動かなくなってしまっているところが
たくさんあるのです。


今の私たちの体の使い方は、
今までの私たちの行動から作られたものです。


これからの自分の体の使い方は、今の行動で変えられます

それならば、脳に 良い動きを学習させよう!
それが、フェルデンクライスのレッスンです。


脳が体からのフィードバックで学習する
という機能を利用して、

快適な動きや、
こんな風に動けるのだという 『情報』 を
脳に送ることによって、
動きを改善することができます。


レッスンの中には、
普段の生活の中では あまりやらない動きが
たくさん含まれていて、

普段あまり使わない部分を使うように作られています。

動きの 『経験』 を増やすのです。

        


脳は、新しい動きを発見し!学習し、
体の色々な部分を、自然と使うようになっていきます。


レッスン中は、自分の体の状態に、たくさん注意を向けます。

脳は、動きに必要以上の力を使っていることに気づき、
止めるようになります。


フェルデクライスのレッスンで学習することは、

私たちの中に既にあるものです。

骨格には元々、快適に、機能的に動く機能が備わっています。

外側から何かを取り入れるのではなく、
自分の体がどんな風に動こうとするのかに、耳を傾けます。



脳が、効果的に学習するための色々な要素


ゆっくり動く。
 はやく動くと、いつもの習慣的な動きになってしまいます。
 骨格が本来持っている動きを発見できません。
 脳の神経系が小さな違いに気づくことができません。
 
 
力をなるべく使わない。
 使う力を減らすことで
 動きを感じる感受性が高まります。


小さく動く。
 ストレッチのように、限界に挑戦するのではなく
 小さ範囲で楽に動くことを学習します。


機械的な反復運動にしない。
 脳は、興味を持ち、注意を向けている時に学習します。


何かを得るために、
何度も何度もがんばって、
力いっぱい努力する。

‥という、これまでのやり方とは、
違う学び方です。