フェルデンクライス・メソッド  −Feldenkrais Method



ブログ



フェルデンクライス・メソッド  レッスンの内容


       スマホの方はこちらへどうぞ



フェルデンクライスメソッドには、
『ATM』(グループレッスン)と 『FI』(プライベートレッスン)
という2種類のレッスンがあります。


グループレッスン
   ATM (Awareness Through Movement)  動き通しての気づき



ATMは、プラクティショナーが言葉によって動きを導き、

自分で動くレッスンです。


床に横になったり、楽な姿勢で行われます。

激しい動きや、無理にストレッチするような動きはありません。


レッスンには、『正しい動き』や『上手な動き』はありません。

自分にとって『快適な動き』が一番良い動きです。

その動きができることよりも、
どうやったら快適にできるのかを、探すプロセスに意味があります。


プラクティショナーは、ほとんど動きの見本を見せません。

他人の真似してその動きができることには、意味がないからです。

興味と好奇心を持って、
動きを探索することを楽しんでください!





レッスンの効果的にな受け方

ゆっくり動く。
 はやく動くと、いつもの習慣的な動きになってしまい、
 新しい動きを発見できません。
 脳の神経系が小さな違いに気づくことができません。
 
 
力をなるべく使わない。
 使う力を減らすことで
 動きを感じる感受性が高まります。


小さく動く。
 ストレッチのように、限界に挑戦するのではなく
 小さ範囲で楽に動くことを学習します。


機械的な反復運動にしない。
 脳は、興味を持ち、注意を向けている時に学習します。


何かを得るために、
何度も何度もがんばって、
力いっぱい努力する。

‥という、これまでのやり方とは、
違う学び方です。

 

プライベートレッスン
FI (Functional Integration)  機能の統合
 

   

FIは、プラクティショナーが直接手を触れて動きを導くレッスンです。

個人的な興味や希望、目的に合わせて行います。

よりダイレクトなレッスンです。

ベッドのような台に横になっていただいて、動きの探索をします。


プラクティショナーは、クライアントさんの動きに注意を向け、
どんな風に動くのか探していきます。

レッスンを受けている方の、脳の運動神経系も
プラクティショナーと同じところに注意を向け、
一緒に探索し、学習しています。

だから、一方的に動かしているように見えて、
実は相互のコミュニケーションがあるのです。


モシェ・フェルデンクライスは、
FIをすることを 『一緒に踊る』 と言ったそうです。


このページのTOPへ